高濃度ビタミンC点滴のビタミンCの含有量

ビタミンCは天然の抗がん剤として知られ、
がん治療にも使われています。

ビタミンCには正常な細胞を痛めないという性質があり、
副作用はほとんどありません。

過剰に摂取しても尿として排出されます。
食事やサプリメントでもビタミンCは摂取できますが、
ビタミン剤やビタミン点滴を使う方がはるかに
効果的です。

というのも、食事やサプリメントで経口摂取しても
吸収できるビタミンCには限界があります。

ビタミンCの血中濃度を上げるには注射や点滴の方が
効果的なのです。

高濃度ビタミンC点滴には副作用はほとんどありません。

病院やクリニックで行っています。
ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を
無害化し酸化を防ぎます。

そのため老化防止に役立ちます。

またコラーゲン合成に不可欠な栄養素です。
コラーゲンは皮膚の乾燥やしわ、たるみを防ぎます。

さらに、メラニン色素の生成を抑制し、シミを予防します。
美白を目指すのであれば、必須の栄養素です。

美容効果だけでなく、アトピーの改善、免疫力の向上、
更年期症状の改善などの健康効果もあります。

ビタミンCはタバコや糖質の多い食事を摂ると効果が
薄くなります。治療の一環

効果を高めるために、これらの摂取を控えた方が
良いでしょう。

高濃度ビタミンC点滴は健康保険が適用できずに
自費診療になります。

ビタミンC注射より高濃度ビタミンC点滴の方が
費用が若干割高です。

高濃度ビタミンC点滴は薬剤の品質に注意する
必要があります。

ナトリウムの含有量が少なく、防腐剤無添加のものが
安全です。

美容を目的とした場合の、回数の目安は月に
1~4回程度と言われています。技術の進歩