高濃度ビタミンC点滴を受けるメリット

高濃度ビタミンC点滴が、ガンの代替療法の分野で
最近話題になっています。

どちらかというと、天然の抗がん剤のイメージが
強いのですが、実は美容業界でも、アンチエイジングに
メリットがあるとして注目を集めています。

そもそも、ビタミンCには美肌や美白効果があるとして
知られていましたが、食事で摂取しようとすると
かなりの量の果物や野菜から摂取しなければ
ならないので非現実的です。
実感する
そこで、サプリなども開発されたのですが、
よりダイレクトに体に吸収されアンチエイジング効果を
実感するために生まれたのがビタミンC点滴です。

アンチエイジング効果を狙って高濃度ビタミンCを
用いる場合、一番のポイントは血中濃度であり、
効果を実感するためには、血中濃度を300mg/dLに
することが大切です。

付け加えると、400mg/dL以上の濃度で実験したところ、
癌細胞は生存できないという結果も出ているそうです。

つまり、より効果的な血中濃度を維持するためには
静脈投与(点滴)で直接ビタミンcを点滴することが
一番有効であるという結果に行きついたのです。
ストレスを溜めない
アンチエイジングに対する、高濃度ビタミンCの
効能としては強力な抗酸化作用が挙げられます。

老化の大敵である、活性酸素を無害化し、
酸化させない力により、若々しい肌を保ちます。

また、高濃度ビタミンCは、コラーゲンを合成するのに
必要な酵素の働きを助ける補酵素でもありますから、
シワを消し、肌にツヤと弾力を
取り戻す効果も絶大なのです。

現時点ではコスト高が課題ですが、徐々に解消
されそうなので、ますます需要が増えてきそうです。

高濃度ビタミンC点滴とは?

最近女性たちの間で人気が高くなってきているものに、
高濃度ビタミンCの点滴治療があります。

高濃度ビタミンCの点滴治療はどんな方法なのか
というと、成分濃度の高いビタミンCを血管の静脈に
注入して、血液内のビタミンCの数を増やしていきます。

健康と美容で高い効能を持っており、
その点が人気の理由となっています。

高濃度ビタミンCの点滴治療の特徴として、
体の酸化を防ぐ抗酸化作用を持っています。

体内に活性酸素という成分が多くなると酸化が起こり、
ビタミンCは余分な活性酸素を除去する効果があります。

体の酸化はがん、高血圧、糖尿病、脳梗塞といった
病気にかかりやすくなり、健康への被害は
とても大きいです。

抗酸化作用のあるビタミンCを大量に摂ることができる
高濃度ビタミンCの点滴治療は、長く健康な体を
維持できるものでもあります。キレイな状態に

抗酸化作用はアンチエイジングの効果も高いので、
肌にハリやツヤが出て白髪になることを
予防することが可能です。

体のために良い高濃度ビタミンCの点滴治療ですが、
やり過ぎると逆に体に悪いので、注意が必要となります。

効果を継続するには半月に1回の割合で、
施術を受けるようにしましょう。
知ること
高濃度のビタミンCは摂る量が多いと肝臓の負担が
大きいので、普通の人なら問題がないのですが、
肝臓の働きが低下している人は危険です。

肝臓が悪い人や人工透析をしている人は、
高濃度ビタミンCの点滴治療は
医師に相談することをおすすめします。