高濃度ビタミンC点滴が注目を浴びている理由

効果の実感年々進歩を続ける医療技術ですが、ビタミンCを利用した
新たな治療法が注目を集めています。

その治療法とは、高濃度ビタミンCを点滴で投与して
血中のビタミンC濃度を一気に高めることで、がん治療や
アンチエイジング、シミ予防などの効果が期待できると
いうものです。

がん治療については、がん細胞がブドウ糖を
栄養分にしていること、ブドウ糖とビタミンCは
構造が類似していること、がん細胞はビタミンCが
高濃度で存在する場合に間違えてビタミンCを
取り込んでしまうこと、の3点を利用しています。

高濃度ビタミンCを点滴することで、ビタミンCを
取り込みやすい環境を作ることができるため、
効果的な治療ができるというわけです。

がん細胞が栄養不足になり縮小されれば、手術で切除することも可能になります。
副作用等はほとんどないため、天然の抗がん剤として臨床での使用が進んでいます。
健康のために
アンチエイジングについては、
ビタミンCが活性酸素の
一種である過酸化水素を
無害な水と酸素に分解して
くれることを利用しています。

活性酸素は過剰にたまると細胞を傷つけてしまうため、老化の原因となります。

しかし、高濃度ビタミンCを点滴すれば、
血液に流れてビタミンCが全身の細胞に
働きかけますから、肌だけではなく
臓器のアンチエイジングも期待できます。

さらに、高濃度ビタミンCの点滴を受けると、
シミの原因となるメラニン色素を分解してくれます。

他にも、吹き出物やニキビに対しても内部から
働きかけて炎症反応を抑制するため、比較的早く
肌の状態が回復します。